top news profile discography schedule blog twitter facebook order other


コマンドラインからこんにちは from 関島岳郎:2015-05-26


2015年05月26日(火)インドネシア9日目

 午前中は、知久君が毎年通っているスラム街の学校へ行く。このスラム街はゴミ捨て場にあり、住んでいる人はゴミの中から使えそうなものを掘り出すのを生業としているそうだ。学校は壁もない小さな教室ひとつで、幼稚園児から中学生くらいまでの子供達が歌を歌ったり、勉強したり。その学校を主宰している先生は自宅でアンクルンなどの音楽教室もやっていて、そこで子供達と合奏をした。至福の一時だった。

 その後、市内のスタジオで地元のミュージシャンとのミーティングセッション。土地の楽器や音楽の説明をしてもらったり、共演をしたり、これまた楽しませてもらった。

 そして、夜には伝統的な影絵のワヤンを見物に行く。大編成のガムランが伴奏をする影絵は、言葉はわからないものの何とも異次元の素晴らしさだった。ひとつの演目で5〜6時間続くとのことだったが、帰国の準備もあるので2時間ほどで会場を後にする。



607.jpg 1500×1000 (original size)

 ワヤンの舞台。左端にいるのが影絵師。

[link:607] 2015年05月30日(土) 15:12


top news profile discography schedule blog twitter facebook order other
contact us

Copyright(C)1997-2017 The Kuricorder Quartet All rights reserved.