top news profile discography schedule blog twitter facebook order other


日曜カメラマンの修行時代 from 栗原正己


2007年06月26日(火)笛社会リリースツアーリハ始めました

冷やし中華始めましたみたいな感じのタイトルですが、今日、イトケンと夏秋君を入れてツアーのリハーサルやりました。初回だったのだけど、これはたまらん、広がりが違うし楽しさ倍増です! とにかくツアー、期待しててくださいね。

あと、大好きな久住昌之さん(私=20年以上前から泉昌之ファン)の日記で、笛社会がほめられている。こんなうれしいことはないです。ありがとうございます!よし、もっとがんばろう。

[link:155] 2007年06月27日(水) 03:03


2007年05月13日(日)ライブチケット発売

お、「笛社会」リリースツアーのチケット発売、きょうの朝10時なんだ。うっかりしてました。ほとんど更新されない納戸の奥みたいなここだけど、こんな時くらいは書きたくなるものだね。
ライブ、気合い入ってますよ。イトケン、夏秋君に手伝ってもらって、6人での演奏も今から楽しみで仕方ない(意外だけど初めての組み合わせ)。もちろん4人での曲もやります。
あと東京は場所がリキッドルーム。えっ? 栗コーダーがリキッド?……ってことで、全員立ち見ではつらいだろうから椅子もそこそこ出す予定です(スミマセンBIG CAT情報はちょいと不明です。名古屋は問題ないでしょうきっと)。

それとニューアルバム「笛社会」もいいのが出来てしまった。こっちは6月6日発売。全曲カバーだった「ウクレレ栗コーダー」に対して、全曲オリジナル。「この人たちオリジナルも作るんだ、どれどれ……」「なんだ、知らない曲しか入ってないじゃん!」うーん。


あ、わたしの情報が載っていなければならない情報ページの情報も書きかえないと。それはきっと明日夜ごろに更新されているであろう。



[link:154] 2007年05月13日(日) 02:21


2006年08月24日(木)晩夏

ゆく夏に〜名残る暑さは夕焼けを〜……いいなあ、ユーミンは。あ、一週間程経ってしまいまいましたが、メールや掲示板でのお祝いのメッセージありがとうございます。こそばゆくも嬉しいです。年とるのはなかなか悪くないものなのですが、困るのが記憶力の低下でして、大事でないことは特になんですが、いろんなことをすごい勢いて忘れて行くわけです。そのことを考えるとこの場所でマメに記録しておくのが吉でしょうねえ。

今はそんなことしてちゃいけない事情があるわけですが、そんな時にこそしたくなるわけで5分で書いておこう。

8/23 早起きして昨日の作業の続きを作る。昼寝と、自分のメンテをしたため仕事が遅れてます。
8/22 朝CMデモを途中まで作って別件打ち合わせ。ちょい固め。昼すぎからの栗コーダー録音にやや遅れて合流、24時まで。歌ものはいつものインスト勝手が違う部分があり、発見あれこれあり。湿気がすごく多い。夜中に疲労噴出タスケテ。
8/21 夜、10年続いた番組の打ち上げ会。その前に渋谷で用事あり。
8/20 栗コーダーカルテットトリオで、ウクレレピクニックに出演のため車で横須賀まで。サザンの関口さんと対面で勝手に緊張しつつもリラックス、素敵なイベントで自分にとってはこの夏、唯一夏休みっぽい一日でした。後ろ髪ひかれつつ、後先考え日没後ほどなく引退。
8/19 入道雲。寸法確認。夕方六本木でデモ録音。目黒でグロッケン借用後、ハーピーのライブへ。バカテクとテキトーすぎるMCの対比。あ、MCは他人のこと言えません……。コンポーザーとしてのイトケンの力を再認識。
8/18 栗コーダーカルテットトリオリハ、ウクレレピクニック用。薄さを構成でカバーという作戦。ていねいな作業の後の充実感あり。夜戻ったら、イトケンたちが来てた。明日ライブなのにいいのかと思ったが、よくなかったみたいだった。栗コーダーがミュージックステーションで紹介され、アマゾンチャート突然上がる。この紹介のされ方だと、見た人によっては、ただのウケ狙いのバンドに思われてしまうかも知れないが、程よく自信が持てるくらいのバンド活動の積み上げがあるので、自分としては気にならず、むしろていねいに紹介してくれてアリガトウゴザイマス。

10分経ってしまった。いかん、ここまでにしますー。次はいつだろね?

[link:153] 2006年08月24日(木) 00:50


2006年02月08日(水)松明堂でのコンサート終了

お、近藤君がセットリストをUPしているぞ。そうなんです、松明堂(じつは僕は『たいまつどう』と打って変換している。このホール、音も雰囲気も素晴らしいです!)の前半のメニューは全曲リコーダーオンリーだったのです。これはたぶん栗コーダー史上初のこと。大丈夫か? でもホールの響きの良さと好意的なお客さんのおかげもあってとても気持ちよくやれました(かなり良い演奏だったのではないだろうか? というかいつもわりと低めなのですす)。
こんなぐあいに今年最初の演奏は、なかなかの充実度でめでたくスタート、いい感じです。2月の栗コーダーはワークショップも入れるとあと5回、場所場所でのそれぞれの雰囲気を楽しみつつ、それぞれの良い演奏をしたいと思います。


[link:152] 2006年02月08日(水) 03:25


2005年12月15日(木)もうすぐクリスマス栗コーダーの

ふーっ、それにしてもここんとこ寒いですね。風邪ひきそうになるのは困るけど、鍋は旨くなるし、なんか空気がキリリとしててね、メリハリというか季節感があって嫌いじゃないですこの寒さ。さて今週からクリスマスライブの準備解禁です。解禁というよりも事情でそうなるしかないわけなんですが。そんなんで今の時期「栗コーダーのクリスマス」のアルバムいいですよー。

日曜にジャム・ザ・ハウスネイルの新作のための録音をした翌日、吉沢先生との銀座でのコンサートのリハーサルをしました。先生のお宅のレッスン室に入ると、そこはすでに素敵なクリスマスモードに。しかもエアコンと石油ストーブ併用でとてもあたたかい。と、こんなんですから、はかどるはかどる(じつは演奏自体は、なかなか先生についていけないのですが……)。
夕方まで音出しして僕たちは目黒に移動して、1月の録音するコンピのためのリハーサルをしました。ショボくていい感じになりそうです(そのうちアナウンスで出来ると思います)。
家では12月にしか聴けない音源を聴いたり、12月しか使わない譜面を出して来たり、12月しかしない演奏の音源を聴き直してみたり(つまり過去のクリスマスライブのです。ヘタレてたりしますけど、なかなかいいね!)、あれこれいろいろやってます。ゲストの二人、久しぶりに会う駒沢さんや、田中亜矢ちゃんと打ち合わせもしましたよ。困るのは、楽しくてやりたいことがいっぱいあって、でもあんまり長くやるわけにもいかないから、セレクトがね、難しい。映画と同じで、上手に切っていかないとね。
あとは、空き時間を見つけて笛やその他の楽器のトレーニングもやっときたい。どの楽器もう少しうまくなっておきたいものです。
あと、来年の仕事の準備もぼちぼち進めないといかんので、なかなか時間配分がむずかしいところですが、がんばりますー! スターパインズカフェ、または銀座で待ってます。

※手帳を見てたらこんなメモが……


 「クリスマスは栗コーダーくらいがちょうど良い」


    ……お、なかなかいいぞ去年のオレ。

※そうだ、あれこれ面白かった11月のこと書けてないじゃないか……だめだー11月のオレ。


151.jpg 400×300 (original size)

[link:151] 2005年12月16日(金) 06:05


top news profile discography schedule blog twitter facebook order other
contact us

Copyright(C)1997-2017 The Kuricorder Quartet All rights reserved.

k-diary script by Office K.

※このページの更新情報はlastmod.txtより取得できます。