top profile discography schedule blog twitter facebook order other


栗公園:20021216011949

kurikouen.gif栗コーダーカルテット掲示板「栗公園」へようこそ。
以下の注意点を念頭において今日も1日、楽しく過ごしましょう。

アクセス数:578753


[446]tour"sapporo-otaru-niseko"終了栗原正己2002年12月16日(月) 01:19:49

先ほど帰宅。北海道で会ったすべてのみなさんに心から感謝します。初めてにしてじつに幸せなツアーになりました。おっと、レスにはおよびません。じゅうぶんに伝わっております。次回もまたどうぞよろしく。

このトピックに対するレス

  1. 早起きの習慣がついてしまったのかもう起きてしまった、といっても8時半くらいのことだが。いやしかし北海道、おいしすぎる。今日からしばらくは回転寿司とかいけないなあ。案外安く往復できることもわかったし、完全オフ日にでも再訪できたらなあ。今回のツアーに泣く泣く参加できなかったみなさんも行ってみたらいかがですか?そして梅雨のころにでも、もう一度ツアーが組めたら最高だろなあ。【川口】2002年12月16日(月) 09:55:07
  2. 栗原さんすみません。東京が終わるまではスレッドたてるほどかけないので(ネタばれしちゃうし)レスつけさせてください。小樽にお伺いしましたが、なんだかすごかったですねー。入り口の自動ドア入ったらまず出会ったのがテレビ局のカメラを抱えたおじさん。え、取材?「はい、市民ニュースで流れます」(余談。あそこの局には鼻の穴でリコーダーを吹くのが特技という明石さんというアナウンサーがいます。更に余談。私を撮らないでとお願いしたのに、本番中気がついたら撮られてた。編集でのカット希望)驚きつつ会場にはいってまたびっくり、すごい数の子供たち!で、ステージ脇にテレビカメラ、会場中に「ピタゴラスイッチ」「りんちゃんやってくれるかな?」というささやきがあふれる中メンバー登場、関島さんが取り出した大筒を見て、「わー、あんなに大きい、すごーい」という歓声の中でライブスタート。私はライブ歴浅いけれど、それでもこれはなかなか経験できない雰囲気だろうなーと。基本的なリコーダー解説があったり、手拍子があったり。栗原さんの必死のMC(すみませんっ!)私の後ろの子供たちにけっこう受けていましたよ。すごく「アットホーム」な感じのライブでした。終演後、「りんちゃんはー?」「アルゴリズムは?」とぐずる子供たちがちょっと可哀想だったけど、その横で「鈴や笛やピアニカであんな楽しいことできるんだね」「クリスマスにみんなでなんかしようよ」「やっぱり鈴はひもで縛るの?」(あれ、これまずいかな?笑)と盛り上がっているお母さんたちもいて、何だかみんな楽しそうでした。北海道は栗Qの帰京とともに寒気が去って平年並みに戻りました。いつかまたいらしてください。サインありがとうございました。やっぱり長くなっちゃった。すみません。【なおちゃん】2002年12月16日(月) 22:29:13
  3. 小樽ではお子様方に囲まれて、おかあさんといっしょのファミコンのような雰囲気だったのでしょうか。”鈴”といえば、昨年、栗原さんが鈴の鳴らし方でとても苦労されていたのを思い出しました。今年は新しい技をあみ出されたのでしょうか?日曜日が楽しみです。東京方面のお天気は雨かな・・・【あみ@名古屋】2002年12月18日(水) 08:52:11
  4. 北海道ツアーお疲れ様でした。大変充実した日々になったと感謝しております。栗公園および、近藤さんのbbsでよくお見かけしましたなおちゃんさんともお会いできました。次回のツアーでまた再会できるといいなーと思ってます。ちなみに市民ニュースは21日放送だそうです。北海道の人しか見れませんが・・・めぐみ2002年12月20日(金) 19:03:23
  5. >めぐみさん、こちらこそ声をかけてくれて嬉しかったです。ありがとう。同じ北海道内でも、このあたりの市民ニュースは道北版なので、小樽の市民ニュースは見られません(うわあ、ローカルな話題ですね)。でも、本物のライブを自分の目でみたのだから、まあいいか、と思いつつ、どんな風に放送されたのかやっぱりちょっと気になってます(笑)。【なおちゃん】2002年12月22日(日) 22:13:34
  6. なおちゃんさん、そちらはニュース違うんですね。あの、思いっきり写ってましたよ・・・。ちなみに一緒に帰っていったSさんも写ってました。内容は約1分ほどで、全員、関島さん(渋い横顔)、大筒、栗原さん、川口さん、全員、栗原さん(真剣な眼差し)、近藤さん(ギターを弾くサイドからのショット)という映像に、「リコーダーを中心に多彩な楽器演奏をこなす栗コーダーカルテットのクリスマスコンサートが開かれ(中略)約150人の(チビッコ率が高くてそんなに居たとは知らなかった)観客がリコーダーの音色に聞き入っていました」という感じ。ほとんどナレーションが入っていて、演奏は聞けませんでした。こんな感じで分かります?家に帰ったら録画見直そう。【めぐみ】2002年12月23日(月) 15:27:13
  7. めぐみさん、ありがとうございます。なんかイメージわきましたよー。写ってたんですか、私。恥ずかしい。カメラのおじさん約束破ったなっ(笑)。【なおちゃん】2002年12月24日(火) 22:14:34
  8. ひと言。栗Qの小樽ライブのおかげで、楽しく年をとることができました。ありがとうございます。【のなみ】2002年12月25日(水) 17:39:43
新規トピック作成

このトピックへのレスは終了しました。下記ボタンをクリックすると続きとなるトピックを作成できます(トピック名は「tour"sapporo-otaru-niseko"終了 - part2」となります)。

投稿者
メール
URL
確認
「栗コーダーXXXット」Xに入る文字をカタカナで入力してください→答え:

栗公園解説書


top profile discography schedule blog twitter facebook order other
contact us

Copyright(C)1997- The Kuricorder Quartet All rights reserved.

k-resbbs script by Office K.

※このページの更新情報はlastmod.txtより取得できます。